Trending Design

ネイルスクールで技術を習得しよう|未来を見据えて

スペシャリストを目指す

1年で取得可能

ネイル

ネイリストのスペシャリストになるための近道がネイル検定1級の取得です。1級を取得するためにはトップレベルの技術や知識が求められ、この資格を取得することで、ネイリストのスペシャリストである証明になります。そのため、このネイル検定1級の取得を目指している人も多いことでしょう。この1級を最短で取得するためには、試験が実施される時期や難易度などもよく確認して計画的に勉強や技術を磨く必要があります。ネイリスト技能検定試験では各段階によって時期や頻度が違います。2級と3級は1月、4月、7月、10月に試験が予定されています。1級では4月と10月が予定され、2級と3級は年に4回あるのに対し、1級は1年で2回しかチャンスがありません。合格率は2016年秋までの集計では、1級は36.43%、2級は39.55%、3級では83.16%となっています。3級はかなり高い合格率となっていますが、1級や2級となるとかなり難易度も高くなります。このネイル検定では、いきなり1級を受験することができません。3級を取得し、その後に2級、1級と段階的に取得する必要があります。そのため、まずは早いうちに3級の取得を目指しましょう。1月に3級の取得をすれば、2級は4月と7月の2回受験するチャンスがあります。そして10月に1級を取得できれば、1年でネイルのスペシャリストとして仕事を始めることも可能となります。計画的にネイル検定を受験して、トップレベルのネイリストとして活躍しましょう。

隙を作らないことが大切

ウーマン

ネイル検定は3級から1級までの3つのランクがあり、一番簡単な3級の合格率は70%程度、最難関の1級は40%程度となっています。もちろん一番難易度の低い3級でもしっかり準備をする必要があり、準備をしていない状態で試験に挑むと簡単に落とされてしまいます。ネイル検定の3級に落ちてしまう原因は様々なものがあり、実際にネイル検定に落ちてしまった人の失敗例にはこんなものがあります。まず意外とやってしまいがちなミスが、試験前の準備の段階で必要なものをテーブル上に出す時に使用してはいけないものを出していたというものです。ネイル検定は毎年規定が変わっており、去年は使ってよかったものの今年はNGだったということがあります。こんなちょっとした失敗で失格にならないためにもしっかりチェックをして試験に挑みましょう。そして試験が始まってからも、色々と減点される要素があります。ポリッシュがギリギリのラインまで塗られていなかったりというのも減点要素になってしまうので要注意です。また、こちらに関しても意外な減点対象なのですが、ネイル検定の実技試験の時間は70分と決まっており、70分をしっかり使ってネイルを施しましょう。もちろん遅すぎて終了時間に間に合わないのはいけませんが、それとは逆に早く終わりすぎても手を抜いていると審査員に判断されてしまい減点されることがあります。このようにネイル検定は試験中にひとりひとりがしっかり審査員に振る舞いをチェックされているということを意識して試験に挑みましょう。

まずは3級から

婦人

長く働きたいという女性が増えた今、技術職が注目されています。中でも特に注目度が高いのが、爪を美しくオシャレに施すネイリストの仕事です。ネイリストは、美容師のように国家資格が必須な仕事ではないのです。しかし、ネイルに関する知識や技術がなくてはネイリストとして一線に立つことは、実際のところ不可能です。ネイリストとして必要な知識や技術を習得するには、ネイリストを養成するスクールで学ぶことが最も適しています。これは、スクールが実習に力を入れているため、座学だけでは身につけにくい講師の高度な技術を目で見て、また指導を受けることで習得できるからなのです。また、スクールでは知識や技術を習得するだけでなく、ネイルの民間資格であるネイル検定の合格を目指すためのサポートを行っています。先にあげたようにネイリストには国家資格は必要ではありませんが、ネイル検定に合格することで必要な知識とスキルを取得している証明になり、就職が有利になりやすいとされているのです。ネイル検定は、基本的な知識やスキルを持つ証の3級から、一般のネイリストとして必要な知識やスキルがあると認定される2級、トップレベルのネイリストと認定される1級までの3段階に分けられています。初歩からスクールで学んだ学生は、まず3級の取得を目指します。これは、ネイル検定はまず3級に合格してから2級を目指し、2級に合格してから1級を目指すというように段階を踏んでチャレンジする必要があるからです。ネイルサロンの多くは、就職の際にネイル検定の2級以上を取得した人を即戦力として求めています。ネイル検定の難易度は決して低いものではないため、しっかりとスクールでサポートを受けながら学ぶことが大切です。

スペシャリストを目指す

ネイル

ネイル検定は1〜3級の段階に別れ、2級と3級は年に4回、1級は年に2回の試験が行われています。3級は合格率が80%以上のため取得しやすいです。まずは3級を取得し、計画的に受験をしてトップレベルのネイリストを目指しましょう。

もっと読む

美容のノウハウを習得

マニキュア

ネイルサロンが多い名古屋では、ネイルスクールの選び方にも工夫が必要です。検定試験の合格率は、ネイルスクールを選ぶ時には特に要チェックです。就業、開業に有利になるのが、レベルの高い検定試験の合格者です。

もっと読む

資格を取得する方法

女性

ネイル検定の3級試験では、基礎的な知識と技術が習得できているかチェックされます。しかし2級の試験では、プロとしての腕前が求められます。そのため2級取得を目指す人の多くが、ネイルスクールでネイリストから技術とプロ意識とを学んでいます。さらにデザインセンスも養うことができ、これにより1級試験の合格率も高まります。

もっと読む